民間企業から地方公務員へ転職

地方公務員社会人経験者試験の種類

 

県庁職員へ転職するには

 

高卒・大卒程度の県庁職員の民間企業経験者採用試験は大きく分けると事務職と技術職に分かれます。

 

事務職の採用区分:一般行政職、事務職

 

技術職の採用区分:土木職、農業職、電気職、情報職、心理職、医療事務、林業職、薬学職、環境職、化学

 

民間企業経験者試験の採用区分は市役所と県庁ではほとんど同じと考えて良さそうです。

 

一般的にほとんどの県庁職員採用試験では社会人採用枠が設けられています。

 

都庁職員へ転職するには

 

都庁職員の社会人経験者採用試験の正式名称はキャリア活用選考試験と呼びます。

 

高卒・大卒程度のキャリア選考の試験区分は事務職・技術職・専門職に分かれます。

 

事務職の採用区分:資金運用、財務、システム、不動産、医療事務

 

技術職の採用区分:土木、建築構造、建築施工、機械設備、電気設備

 

専門職の採用区分:児童心理、児童福祉、看護

 

受験資格の年齢は昭和29年4月2日以降に生まれた人や学歴によって一定の職務経験が必要になります。

 

院卒→5年以上

 

大卒→7年以上

 

短大卒→9年以上

 

高卒→11年以上

 

警察事務へ転職するには

 

私の調べた結果、都道府県単位で実施されている警察事務試験では社会人経験者試験は無いようです。

 

大抵の都道府県職員では高卒・短大卒程度で採用区分も初級・中級で実施されているようです。

 

年齢制限も幅い広い自治体では30前後まで受験可能ですので、挑戦できるかどうか各自治体のホームページでご確認ください。

 

学校事務へ転職するには

 

中途採用で学校事務職員として採用している自治体は兵庫県職員の経験者採用試験などがあります。

 

採用区分の名称は大卒上級の教育事務職です。

 

採用されると、本庁や教育事務所、県立高等学校に配属されることになります。

 

受験資格の年齢は28歳~34歳までの範囲になります。

 

市役所職員へ転職するには

 

市役所職員の高卒・短大卒・大卒程度の社会人経験者採用試験は大きく事務系と技術系に分かれます。

 

事務系の採用区分:一般行政職、事務職

 

技術系の採用区分:土木職、農業職、電気職、情報職、心理職

 

政令指定都市や中核市では積極的に民間経験者を採用していますが、

 

小規模の市役所では社会人採用を実施していない自治体も多いです。

 

年齢制限や受験資格はそれぞれの市役所によって異なります。

 

また、受験資格についても直近10年で6年以上の民間経験が求められるなど、様々な受験条件があります。

 

特別区職員へ転職するには

 

特別区職員の中途経験者採用試験の試験区分は2級職、3級職(主任主事Ⅰ選考)、3級職(主任主事Ⅱ選考)に大きく分かれます。試験区分によって年齢制限や受験資格が異なります。

 

採用職種は事務、土木、造園、建築、機械、電気となります。

 

技術職の機械・電気については資格・免許が必要になります。

 

当サイトで紹介している経験者採用試験の情報は古い可能性があります。また、必ずしも正確な情報を保証するものではありませんので、ご了承ください。

 

北海道職員の民間経験者採用へ進む

 

公務員社会人経験者採用試験へ戻る

地方公務員に就職するには

受験資格を確認する

 

地方公務員になるためにはまず、就職したい自治体の受験資格を確認することです。

 

新卒で採用試験にチャレンジする場合はほとんど年齢制限に引っかかることはありませんが、民間企業で働いている30歳以上の転職組は注意が必要です。

 

年齢制限が厳しい自治体では受験するすらできないかもしれません。

 

公務員に就職・転職すると決めたら受験する自治体の受験資格や採用条件に必ず目を通しましょう。

 

教養・専門などの勉強対策

 

公務員試験において一番たくさん対策する必要があるのは教養試験や専門試験の対策です。

 

おそらく公務員試験受験者の大半は試験対策の9割以上を勉強につぎ込みます。

 

なぜならまずは一次試験の筆記試験を突破する必要があるからです。

 

ここで不合格になってしまうと、公務員に就職・転職する道が途絶えてしまうことになります。

 

公務員試験において一番優先順位が高いと言えます。

 

面接対策

 

一次試験に合格した人には二次試験として面接試験が待っています。

 

せっかく勉強して一次試験に合格しても面接試験で不合格になってしまっては努力が水の泡になってしまいます。

 

実際に勉強がすごくできる人で、一次試験を複数突破したのにも拘わらず、面接対策を怠ったことが原因で二次試験で全滅の不合格になった人をたくさん見てきました。

 

面接対策の仕方によって人生が変わることもありますので、細心の注意が必要です。

 

地方公務員の経験者採用試験記事一覧

北海道の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では札幌市の政令都市公務員試験情報を。道庁職員試験では北海道の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、北海道の公務員予備校と通信講座など北海道地方の公務員試験対策を紹介します。

東北地方の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では仙台市の政令都市公務員試験情報を。県庁職員試験では青森県、秋田県、福島県の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、東北の公務員予備校と通信講座など東北地方の公務員試験対策を紹介します。

関東地方の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では川崎市、横浜市、千葉市、さいたま市など政令都市公務員試験情報を。県職員試験では千葉県、群馬県、埼玉県、茨城県、神奈川県の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、関東の公務員予備校と通信講座など関東地方の...

東京都の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。東京23区の特別区職員と東京都庁職員の首都公務員試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、首都公務員の公務員予備校と通信講座など東京都の公務員試験対策を紹介します。

中部(東海)地方の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では静岡市、浜松市、新潟市、名古屋市など政令都市公務員試験情報を。県職員試験では新潟県、静岡県、愛知県、石川県、長野県の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、東海の公務員予備校と通信講座など中部地...

関西地方の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では大阪市、堺市、京都市、神戸市など政令都市公務員試験情報を。府県職員試験では奈良県、京都府、兵庫県の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、関西の公務員予備校と通信講座など近畿地方の公務員試験対策を紹介し...

中国地方の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、高卒(地方初級)・大卒程度(地方上級)に興味のある30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では岡山市、広島市など政令都市公務員試験情報を。県職員試験では島根県、鳥取県、広島県、山口県の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、中国地方の公務員予備校と通信講座など中国の公務員試験対策を紹介します。

九州地方の社会人職務経験者試験情報です。公務員の転職を目指す、30代、40代、50代の男性・女性は必見です。市役所職員試験では熊本市、福岡市、北九州市など政令都市公務員試験情報を。県庁職員試験では大分県、熊本県、佐賀県、福岡県の試験情報。募集内容、日程、年収・給与、試験内容、倍率・難易度、九州の公務員予備校と通信講座など九州地方の公務員試験対策を紹介します。

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>