公務員タイプと民間タイプ!求められる人物像とは?

公務員に合っているタイプはこれ

 

最近人気の民間企業から公務員への転職ですが、そもそも公務員という職業はどのような人材を求めているでしょうか?どんな性格・能力の方が公務員に合っているのでしょうか?

 

コニュニケーション能力は当然に求められる

 

公務員の仕事内容は地域住民の深く密接することが多いです。そのため複数人で協力し合って業務に取り組む機会が民間企業より多いような気がします。

 

より良い公共の利益を国民に提案するには多くの方からの意見を重宝する必要があります。現在の公務員にはただ自分の仕事を真面目にこなすだけではなく、1人ひとりにコニュニケーション能力が求められているのです。

 

全体の奉仕者としては当たり前ですね。

 

責任感・細かい仕事ができる人

 

公務員の仕事は1人が仕事を放り投げてしまえば運営が滞ってしまうケースもあります。そうなれば、公共に利益を与えるどころか、不利益な結果を招く可能性もあります。確実に自分に与えられた仕事をやりぬく責任感は必須と言えるでしょう。仕事を放置する職員に大切な税金の運営を任せたくないですからね。また、公務員の仕事内容は細かい作業が多いです。雑務など庶務的な仕事も勤務先によっては多くなります。スピード力より正確に仕事をこなせる人物が求められています。

 

社会人マナー

 

公務員試験に合格すると大抵の自治体・省庁の新人研修ではマナー・接遇を学びます。しかし、実際にはその研修だけで身に着けるのは難しく、面接時に受験者はマナー・接遇をチェックされていると思って臨むべきでしょう。言葉使いや態度の悪い職員が役所にいると住民にとっては不快ですかね。身だしなみからマナーまでしっかりしている人が公務員に向いている人と言えるのではないでしょうか?

 

その他、柔軟な対応力、新しいアイデア、幅広い視野、自己の能力アップに努める、分析力、真面目、熱意などが公務員に求められる項目の1つだと思います。

 

また、大切なのは不祥事・トラブル要素が無いということでしょう。最近、公務員の不祥事が相次いでいます。面接官としても自分たちの職場の評価を下げるような人材は求めていないはずです。信頼できる人は公務員に就職・転職するためには必須の要素になるでしょう。

公務員に合っている人記事一覧

公務員として勤務年数など条件を満たすと資格を取れる公務員に転職する隠れたメリットして資格の優遇制度があります。主に取れる資格は弁理士、司法書士、行政書士の3つです。「えッ?ウソでしょ?」と心の中で叫んだ方もいると思います。行政書士も難易度の高い資格試験として知られていますが、弁理士・司法書士と言えば日本でもトップクラスの難関資格です。弁理士は理系資格では最難関の呼び声も高い資格ですし、司法書士も弁...

女性も満足できる公務員の福利厚生公務員のメリットを挙げる記載書きを見ると大抵は福利厚生の充実について触れています。男性・女性共に満足度の高い公務員の福利厚生の魅力は一体何なのでしょうか?今回は福利厚生のリアルを紹介します。育児休業取得率が高い民間企業と比較して公務員の労働環境は育児休業を取得しやすい傾向があります。女性の公務員の育児休業の取得率は何と約97%です。(人事院調査)民間企業でもこれほど...

公務員に転職するメリットはたくさんあった!民間から公務員に転職したい!と考える方は近年増えているようです。その理由の1つとして考えられるのが、リーマンショック・東日本大震災以降の不況が原因ではないかと考えています。世の中の就職に対する意識も安定思考になっていることも大きく関係していると思われます。ここでは民間では経験することができない公務員だからこその魅力を紹介していきます。仕事の目的は公共の利益...

地域密着型の地方公務員の適性地方公務員は基本的に地域住民と多く関わりのある仕事内容がほとんどです。地域の活性化に努めたり、都市計画、教育事業の推進など一般の方と密接に関わるのある仕事になります。地方公務員ってどんな仕事をするの?地方公務員の仕事内容は幅広いのが特徴的です。例えば公立の小・中・高で働く、教員・事務職員は地方公務員になります。皆さんが一番馴染みのある市役所で働く方々も地方公務員ですね。...

採用区分によって国家公務員に必要な適性は異なる国家公務員と地方公務員の最大の違いは試験区分によって出世コース・ルートが決められてくることです。一般的に地方公務員の場合、学歴によって出世を決められることはほとんどなく、平等なチャンスが与えられています。しかし、皆さんも一度は聞いたことのある「高級官僚」と呼ばれる職員が国家公務員にはいます。例えば警察庁を例にしてみると、一般の地方公務員の場合、警察署長...

国家公務員は年齢が重要国家公務員試験は学歴で分けると主に大学院・大学卒、短期大学卒、高校卒の4区分になります。そして学歴に応じて総合職(院・大卒)・一般職(大卒・高卒)となる訳です。しかし、ここで疑問があります。大学を卒業しないと国家総合職・すなわち官僚になることは出来ないのか?ということです。詳しく調べてみた結果、実は高卒の方でも国家公務員総合職試験を受験することができることが分かりました。国家...

公務員試験の受験者にとってのメリットとして挙げられるのは受験料が無料、そして何個でも併願できるという点です。無料で試験を受けることができますので、交通費程度の負担しかありません。複数併願するデメリットが少なくなります。そのため、公務員試験の受験者のほとんどは複数の地方公務員・国家公務員試験を併願しています。多い人ですと5つ以上の公務員試験を受験します。少ない方でも大体3つは受験しているのではないで...

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>