公務員浪人して転職

民間企業の社会人から見て公務員の安定感、年収、ステータスなどはとても魅力的に感じるようです。

 

社会人経験者採用試験に何度もチャレンジする公務員浪人のサラリーマンも多いようです。

 

働きながら公務員への転職を志すのは相当の覚悟と根性が無いとできないことです。

 

社会人公務員試験の難易度は異状に高いです。倍率100倍以上の試験も珍しくありません。

 

本気で民間採用枠を狙っても3、4年浪人する覚悟を持っていた方が良いでしょう。

 

半端な気持ちで挑めば10回受けても失敗して不合格に終わるのがオチでしょう。そのような公務員転職希望者はやがて受験資格を損失してしまうことでしょう。

 

社会人浪人は独学では難しい?

 

社会人公務員試験では倍率が高いので、独学で試験対策するのは難しいと言えます。

 

独学のデメリットとしては自分の勉強方法がそのまま合否を分けてしまうことなることです。

 

間違った勉強方法や面接対策をしていても誰もアドバイスをしてくれる人はいません。

 

それに比べて公務員予備校や通信講座を利用している人は専門家のノウハウを得ることができ、アドバイスや相談に乗ってもらうこともできます。

 

会社を退職して公務員試験に専念しない限り、働きながら試験対策することになります。

 

そのなると勉強できる時間帯も限られてしまい、無職になって公務員試験に専念しているライバルに差を付けられてしまいます。

 

できるだけ効率的な試験対策をする方が得策と言えるでしょう。

 

会社は辞めない方が良い?

 

社会人で公務員試験合格を目指す人の悩みとして、公務員試験に専念すべきか?仕事を続けて公務員を目指すべきか?の2つの選択をしなくてはいけません。

 

しかし、会社を辞めるか、続けながら目指すかは公務員になりたいという強い気持ちと関係してくると思います。

 

公務員試験に専念する方が対策時間を考えても有利なのは明らかです。これからの人生公務員以外の職業は考えられないと思っているのであれば、退職と言う決断も1つの手だと思います。

 

逆に公務員になりたい理由が安定、高い給料などの薄っぺらいモノであれば、不合格になった時のリスクを考えて会社を辞めずに働きながら公務員試験対策をすることをおすすめします。

 

公務員試験に専念するかどうかは経済的な問題や家庭環境も大きく左右してくるので、しっかりした話し合いをすることが大切です。

 

社会人公務員に強い通信講座へ進む

 

社会人公務員に強い面接専門講座へ進む

 

社会人公務員浪人記事一覧

超難関試験と呼ばれる社会人枠の公務員経験者採用試験ですが、独学で合格することは可能なのでしょうか?独学で公務員社会人試験に合格することは可能ですが、効率性を考えた時に得策ではないと思います。公務員試験の受験者は大卒・高卒共に予備校や通信講座に通って対策する人が多いのが特徴です。やはり社会人公務員に強い予備校や通信講座を利用している人に比べて独学で試験対策をしている人は勉強時間もかかりますし、要点を...

民間企業に勤めるサラリーマンの社会人が公務員へ転職するにはどうすれば良いのでしょうか?民間から公務員に転職するステップ①事務系・技術系・資格免許など試験区分や学歴区分を決める事務系は行政職と事務職の名称で試験を実施している自治体がほとんどです。技術系には土木、農業、電気、情報、心理、、林業、薬学、環境、化学などの職種があります。資格免許には教員、獣医師、薬剤師、保健師、管理栄養士、保育士、司書など...

民間企業を退職するリスクを恐れて、サラリーマンとして働きながら公務員試験の勉強をしている人は多いです。仕事しながら公務員試験対策するデメリットとしては勉強時間の面で会社を辞めて公務員試験に専念している人に比べて、勉強できる時間が限られますので、当然不利になると言えます。仕事辞めるべき?リスクを考えた時に働きながら、仕事しながら公務員試験合格したのは誰もが思うことです。リスクとリターンはほぼ比例する...

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>