公安職

公務員試験の一次試験(教養・専門・論作文)、二次試験(面接)の対策講座を紹介します。

 

公安系の皇宮護衛官、刑務官、入国警備官、参議院衛視、衆議院衛視、消防士、警察官に強い予備校や通信講座、公務員の専門スクールを紹介します。

公安系公務員講座記事一覧

皇宮護衛官試験の対策方法皇宮護衛官試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。皇宮護衛官対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。皇宮護衛官に就職・転職皇宮護衛官に就職・転職するには大卒、高卒、社会人区分の採用試験で合格する必要があります。採用後は大卒で6ヶ...

刑務官試験の対策方法刑務官試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。刑務官対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。刑務官に就職・転職刑務官試験は男性のA区分、女性のB区分、武道区分、社会人男性区分、女性区分に分かれます。試験実施地域は北海道、東北、関東甲...

入国警備官試験の対策方法入国警備官試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。入国警備官対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。入国警備官に就職・転職入国警備官試験は社会人枠のある国家公務員試験の1つです。受験資格の年齢制限も40歳未満まで試験を受けること...

参議院衛視試験の対策方法参議院衛視試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。参議院衛視対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。参議院衛視に就職・転職参議院衛視に就職すると国会職員として働くことになります。社会人からの転職希望の多い、人気の職業ですが、年齢...

衆議院衛視試験の対策方法衆議院衛視試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。衆議院衛視対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。衆議院衛視に就職・転職衆議院衛視になるには一定の受験資格や身体基準を満たす必要があります。注意が必要なのは年齢制限が狭いため、社...

消防士試験の対策方法消防士試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。消防士対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。消防士の体力試験消防士になるには勉強だけで無く、ある程度の運動能力も必要です。理由は消防士の採用試験では体力試験が実施されているからです。警...

警察官試験の対策方法警察官試験の筆記・面接対策方法の種類は独学・通信講座・予備校の3パターンに分かれます。警察官対策講座の選び方はネット上で掲載されているおすすめ、評判、口コミ、人気、実績などで判断しないで、複数の学校の資料を集めて直接自分の目で選ぶことです。独自学習1つ目は独学ですね。男女共に警察官の筆記試験の難易度は低いです。そのため、独学で警察官の1次試験突破する人は意外と多いです。1次試験...

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>