民間企業から刑務官へ転職

刑務官社会人採用試験

 

刑務官経験者採用試験の男性区分、女性区分の詳細を紹介します。

 

難易度

 

刑務官の経験者試験は採用人数が毎年少ないため、受験者に人数を考えると高い倍率になります。

 

倍率100倍以上は当たり前です。

 

男性区分・女性区分共に就職・転職難易度は高いです。

 

年収・待遇・出世

 

刑務官は公安系の国家公務員ですので、給料・年収は他の行政系公務員に比べて高い水準になります。

 

福利厚生などの待遇面でも職員が働きやすい環境になっています。

 

出世は実力主義の傾向が強いのが特徴的です。

 

刑務官階級

 

看守→看守部長→副看守長→看守長→矯正副長→矯正長→矯正監

 

試験区分

 

刑務官A(男性)、刑務官B(女性)

 

地域:北海道、東北、関東甲信越、東海北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄など

 

受験資格

 

昭和48年4月2日以降に生まれた者で刑務官A又は刑務官B試験の期間が超過した者。

 

また刑務官Aについては男性であること。刑務官Bについては女性であること。

 

申し込み方法

 

インターネット又は郵送・持参

 

期間:7月下旬

 

第1次試験日程

 

9月中旬~下旬

 

1次試験内容

 

基礎能力試験(筆記試験)、作文試験、実技試験(社会人採用はなし)

 

1次試験合格発表

 

10月中旬

 

第2次試験日程

 

10月下旬

 

2次試験内容

 

人物試験(面接)、身体検査、身体測定、体力検査

 

最終合格発表

 

11月下旬

 

倍率

 

刑務官A(男)社会人関東甲信越

 

申込者数 263名 

 

第一次試験合格者数 12名

 

最終合格者数 2名

 

刑務官B(女)社会人近畿

 

申込者数 29名

 

第一次試験合格者数 5名

 

最終合格者数 1名

 

*平成24年度試験の結果

 

当サイトで紹介している経験者採用試験の情報は古い可能性があります。また、必ずしも正確な情報を保証するものではありませんので、ご了承ください。

刑務官に就職

刑務官に就職すると、少年院や刑務所で犯罪を犯した収容者の指導や場合によっては社会復帰のための相談に乗ってあげることもあるようです。

 

刑務官の仕事は未来への希望を失っている収容者に希望を与えることのできる、民間企業では中々味わえない魅力的な仕事です。

 

施設内での事故の防止、施設の管理なども刑務官の仕事です。

 

皇宮護衛官経験者採用試験へ進む

 

防衛省経験者採用試験へ戻る

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>