公務員と民間企業の休暇制度比較

 

官と民を比較すると福利厚生や休暇制度が公務員の方が充実していると言われています。

 

公務員の休暇の種類は実はたくさんあり、実際に働いている職員でも全て把握していないことがほとんどです。

 

主に民間では年休・有給と呼ばれる年次休暇、療養(病気)休暇、特別休暇、介護休暇、育児休暇などなど・・・

 

確かに公務員の休暇制度は民間企業と比べると優遇されているような気がしますね。

 

特別休暇って何

 

地方公務員・国家公務員には特別休暇があります。これってどんなお休みなの?と疑問に思う人も多いと思います。

 

これは結婚旅行、出産、忌引、子育て(子供の家庭訪問や学校行事など)、夏休み、ボランティア活動などなど・・・

 

特別休暇の中にはたくさんの種類があります。

 

実際には休暇は消化できない

 

「公務員は年休全部消化でいいよなー」こんなことを言う民間サラリーマンもいますが、実はほとんどの公務員は満足に年次休暇を消化できていません。

 

確かに一部の職員は全て年休を消化できていますが、逆に1年間に1度も年休を使わない職員も結構いるのです。

 

理由は忙しい、上司に気まずいなど様々です。

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>