特別職はお偉いさん?

 

国家公務員・地方公務員には一般職と特別職の職員がいます。

 

実は国家公務員の場合は特別職の割合が4分の1以上占めるんです。意外といっぱいいる特別職ってどんな職員なんでしょうか?

 

特別職に該当する職種は国家公務員法に記載されていますが、主に総理大臣、国務大臣、自衛官が皆さんが知っている特別職に当てはまります。

 

国家公務員の特別職の割合が多いのは自衛官によるモノなんですね。

 

なぜ特別職と一般職を区分する必要があるのか

 

特別職の職員は仕事内容が一般の職員の異なり、一般職と同じ法律で業務をするのが難しいので、区分されていると考えられます。

 

特別職は偉いから別区分されている訳でもないのです。

 

地方公務員の特別職の種類は

 

市役所や県庁などにも特別職の公務員が存在します。

 

分かりやすいのは知事や市長などが当てはまります。その他副知事・副市長などです。

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>