地方公務員の仕事内容から適性を判断

地域密着型の地方公務員の適性

 

地方公務員は基本的に地域住民と多く関わりのある仕事内容がほとんどです。地域の活性化に努めたり、都市計画、教育事業の推進など一般の方と密接に関わるのある仕事になります。

 

地方公務員ってどんな仕事をするの

 

地方公務員の仕事内容は幅広いのが特徴的です。例えば公立の小・中・高で働く、教員・事務職員は地方公務員になります。皆さんが一番馴染みのある市役所で働く方々も地方公務員ですね。その他図書館、病院から水道施設まで様々です。

 

さらに職種も数種類に分かれます。一番公務員としてのイメージが湧くのが行政職・事務職の方だと思います。彼らが健康保険に関すること、引っ越した際の住民届に関することなどの諸手続きの処理を担当してくれます。その他警察官、消防士、教員は誰もが知っていますよね。そして、あまり馴染みのないのが技術職と資格職です。技術職は職種が豊富で、主に電気、林業、機械、水産、造園、畜産、化学、農業、土木、建築など様々あります。

 

資格職には主に保育士、栄養士、獣医、司書、薬剤師などがあります。このように職種によって仕事の内容、配属部署、地方公務員としての適性も多少異なっていきます。

 

学歴によって上級・中級・初級に分かれる

 

地方公務員試験は大卒程度の上級、短大・専門卒の中級、高卒程度の初級に試験区分が大きく分かられます。

 

上級採用者には将来の自治体の幹部としてのリーダージップなどの適性を見られます。そのため試験内容に集団討論・グループディスカッションなど将来の幹部としての適性を見極める課題を課している自治体も増えてきています。
中級採用者には将来の地方公共団体の中堅幹部として幅広い視野、企画・立案能力が必要になってきます。

 

初級採用者には将来自治体の縁の下の力持ちとして庶務的な仕事をこなし、他の職員をサポートできる適性が求められます。

 

しかし、実際には地方公務員は学歴による差別はほとんどなく、高卒が大卒より出世するケースも珍しくなく、仕事内容・給与・年収もほとんど一緒です。

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>