公務員試験の年齢制限・受験資格

国家公務員は年齢が重要

 

国家公務員試験は学歴で分けると主に大学院・大学卒、短期大学卒、高校卒の4区分になります。

 

そして学歴に応じて総合職(院・大卒)・一般職(大卒・高卒)となる訳です。しかし、ここで疑問があります。大学を卒業しないと国家総合職・すなわち官僚になることは出来ないのか?ということです。

 

詳しく調べてみた結果、実は高卒の方でも国家公務員総合職試験を受験することができることが分かりました。

 

国家公務員試験は学歴ではなく、年齢制限によって試験を受けることができるかどうかが決まる要素が強いようです。

 

大卒程度の総合職・一般職試験であっても年齢制限の21歳以上30歳未満の条件を満たしていれば試験に挑戦することができるのです。

 

注意点を言うと、高卒程度の国家公務員一般職試験は高卒又は中卒が受験資格になっています。つまり大学卒業者は受験することができません。

 

でも、中卒でも受験することができるので、チャンスです!ちなみに地方公務員の場合は自治体によっては学歴関係なく受験できる場合もありますし、学歴と年齢制限の両方を満たさないと受験資格を得ることができないケースもあります。

 

社会人経験者試験の受験資格

 

公務員試験には民間企業から経験を積んだ即戦力枠が存在します。

 

いくつかの自治体の社会人採用試験の受験資格を例に見てみましょう。下記のリンクから飛べますので是非ご覧ください。

 

 

*最新の情報を提供するように努めていますが、内容が古い可能性があります。必ず採用試験の公式ホームページでご確認ください。

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>