社会人高卒公務員の勉強方法

社会人経験者高卒公務員試験の学習対策

 

高卒程度の社会人経験者採用試験の勉強対策で重要となるのが、教養試験です。

 

高卒公務員試験では土木・機械などの技術職では専門試験が実施されますが、事務・行政職試験では専門試験は出題されません。

 

その他の勉強対策で重要になるのが、適性検査・適性試験・作文です。

 

教養試験対策

 

高卒程度の教養試験は高校卒業レベルの問題が出題されますので、問題自体は簡単です。

 

しかし、出題範囲が広いため、勉強してもなかなか成果に現れにくいのが実情です。

 

1週間や2週間の勉強で一気に得点を上げるのは難しいと考えられます。

 

得点を上げるには1ヶ月~3ヶ月は必要になることを覚悟しておいてください。

 

高卒公務員模試での得点がなかなか上がらないと悩む受験生の多くは勉強不足か勉強方法に課題があります。

 

予備校などに通い効率の良い勉強をしていても、1日数時間程度しか勉強していなければ学習効果は表れづらいです。

 

また、高卒公務員試験の失敗例で一番多いのが独学による勉強仕方の間違いです。

 

誤った学習方法と正しい勉強方法をした人を比べたら、結果は一目瞭然です。

 

高卒公務員試験は独学でも合格可能ですが、少しでも自信が無かったり心配なら予備校や公務員講座を利用するのも効率的な方法の1つです。

 

一般知能から勉強する

 

教養試験は知能分野と知識分野の2つに大きく分かれます。

 

どちらから勉強を進めるべきか?と質問を受けることがありますが、それは人によって変わってきます。

 

しかし、一般的には知能分野は理解する問題、知識問題は暗記する問題ですので、知能問題から学習した方がスムーズに試験対策できると考えられます。

 

また、知能問題は理解すれば簡単に得点できる問題が多いので、捨てる訳には行きません。知能問題で7割強の正解を目指したいところです。

 

一般知識は試験直前に暗記する?

 

人間の一般的な脳の仕組みとして、暗記しても3日、1週間経つうちに記憶から消えてしまいます。

 

できるだけ、記憶に残すために繰り返し、文字を呼んだり、声に出したり、字に書いて暗記する訳です。

 

記憶の観点からも試験直前は暗記系の科目(日本史・世界史・地理・政治経済等)を中心に勉強したいところです。

 

公務員教養試験の勉強法へ進む

 

大卒公務員経験者採用試験の勉強法へ戻る

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>