独学

独学で合格

超難関試験と呼ばれる社会人枠の公務員経験者採用試験ですが、独学で合格することは可能なのでしょうか?

 

独学で公務員社会人試験に合格することは可能ですが、効率性を考えた時に得策ではないと思います。

 

公務員試験の受験者は大卒・高卒共に予備校や通信講座に通って対策する人が多いのが特徴です。

 

やはり社会人公務員に強い予備校や通信講座を利用している人に比べて独学で試験対策をしている人は勉強時間もかかりますし、要点を絞りにくいため効率がどうしても悪くなってしまうのです。

 

独学は自分のやり方次第

 

メリット

 

独学にはデメリットが多いように思われていますが、実は独学にはメリットもあります。

 

公務員予備校の場合、その日に勉強する内容などを決められていることがありますが、独学なら自分の好きな教科を好きな時間に学習することができます。

 

しかも、試験対策方法も自分のオリジナルなので、やり方次第では予備校や通信講座以上の効果を発揮する可能性もあります。

 

公務員試験の勉強法や面接対策に自信があるのであればあえて予備校や通信講座を利用しなくても独学で十分対策できてしまうこともあります。

 

公務員スクールに通えば当然高いお金が掛かりますので、できれば独学で合格したいのが本心だと思います。

 

独学なら市販で売っている参考書や過去問程度しかお金が掛かりませんので、経済的にやさしい対策方法だと言えます。

 

デメリット

 

デメリットは試験対策に慣れてない受験者が独学で合格を目指してしまうと、間違った勉強法や面接対策をしてしまっていることを指摘してくれる人がいません。

 

不適切な試験対策をすれば、成績は伸びませんし、公務員試験に合格できるレベルまでたどり着くのは難しいと言えるでしょう。

 

少しでも自分の勉強仕方に不安を感じている人は独学には向いていないかもしれません。

 

社会人公務員への転職へ進む

 

社会人公務員浪人へ戻る

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>