公務員試験に働きながら合格

民間企業を退職するリスクを恐れて、サラリーマンとして働きながら公務員試験の勉強をしている人は多いです。

 

仕事しながら公務員試験対策するデメリットとしては勉強時間の面で会社を辞めて公務員試験に専念している人に比べて、勉強できる時間が限られますので、当然不利になると言えます。

 

仕事辞めるべき?

 

リスクを考えた時に働きながら、仕事しながら公務員試験合格したのは誰もが思うことです。

 

リスクとリターンはほぼ比例すると言われているのをご存知でしょうか?

 

会社に勤めながら公務員を目指すのはどう考えてもローリスクです。当然ローリターンになります。

 

会社を退職して公務員を目指すのは経済的不安定になることからハイリスクと言えます。

 

しかし、ハイリスクを背負う代わりに時間を手に入れることができ、絶対に合格しなくてはいけないという強い覚悟や信念が芽生えるはずです。

 

リスクが大きい分、リターンも大きくなると考えられます。

 

何年も公務員浪人する覚悟があるのであれば、働きながら少しずつ勉強すればいいと思いますし、一発合格を狙うのであれば仕事を辞めることも視野に入れるべきだと思います。

 

仕事を辞める場合は一人で決断するのではなく、家族と十分話し合って理解を得ることをおすすめします。

 

働きながら公務員試験対策する方法

 

仕事しながら公務員を目指す人で、公務員予備校に通って長続きしない人を大勢見てきました。

 

「私は忙しい時でも通うことができる!続けることができる!」と言い切れる人であれば予備校通いで問題ありませんが、実際に働きながら公務員試験対策するのは難しいモノです。

 

そこで仕事しながら公務員試験対策する人におすすめなのが公務員通信講座です。

 

自宅で好きな時間に勉強することができますので、仕事が忙しい時でも安心です。

 

交通機関を使って通勤している人であれば電車やバスで勉強できますので効率的に試験対策できるはずです。

 

社会人強い公務員通信講座へ進む

公務員予備校一覧

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>